ハイ、今回で徳島の奥祖谷は最後です。
 先の豪雨で地元の愛媛も場所により、被害が出ていますね。
 徳島のかずら橋は大丈夫だったのでしょうか。

 あ、松山で私の住んでいる周辺は近所の山が崩れたくらいで、ほぼ被害ありません。

 …え、結構甚大?
 でも人的被害はありませんでしたし、そこにあった畑が全て無くなったくらいで…
 あ、やっぱり結構重たいですね。 (少なくとも)一家の稼ぎが無くなるのですものね(-_-;)

 でも同県でも場所によって湖状態と化したところもありますし… と言いますより
 記録に残っていたものでは、2001年にも大きな土石流が高野町でありました。
 そして、同年の道路冠水は高井町で。
 記録によると、冠水の高井町では避難を呼びかける町内放送が流れたが、避難をした人はとても少なかったのだとか。

 今年の水害でも愛媛各地で土砂崩れ冠水があり避難所も設けられていたのですが
 やはり逃げ遅れて負傷・死亡した人が居ます。
 避難の認知や意識、遅すぎる避難勧告に指示、また家屋の立地条件を見直す事など、全然対応できていない点が浮き彫りになった今年の水害でした。
 どうやら今回の災害の記録は名前が付けられて、歴史に残るものとなるようですね。
 田舎が田舎である以上、防ぎようのないものと言える土砂災害ですが、いつか超克できる日が来るのでしょうか。

 さて。 それでは本題に戻りまして、最後の奥祖谷です。 前回の後、帰り道にあったのは…?
続きを読む