頼朝の暗殺を企んだり、源氏の繁栄を見ないため、自らの両眼をくり抜いたり
後世に残る逸話には信じ難い話も多い、平(藤原)景清。
彼を祀った生目神社が、愛媛にもあります。

 景清が落ち延びた先、宮崎県の「生目」という地区にある、生目神社。
そちらから神体を勧請し祀ったのが、今回見る浄瑠璃町の生目神社です。



 ……参拝した後に知ったんじゃが、私、清和源氏の子孫じゃ!!
すまん景清。卑しい半島の血も入っとるからノーカンで(;´∀`)
 
 01
 浄瑠璃町の北東部は人家も車通りも多い田舎町ですが
生目神社に向かうとなると、道は細く木々が多くなります。


 02
 こちらが参道の入口。
看板の側に杖がある事から分かるように、この参道は傾斜が急でした(;´∀`)

 引きこもりには良い運動になって満足です^^;


 03 04
 傾斜のある道と、歩車分岐点。
二枚目を直進すると神社の駐車場があったようですが、私は徒歩なので左折し続きの参道を……


 0506
 その後も傾斜のきついカーブだったり、穏やかでも長い道を歩いて……


 07
 鳥居をくぐり拝殿に。
この横にあった沿革の掲示によると、生目神社はその名前を場所の変遷とともに
素鷲神社、牛頭天皇宮、ふたたび素鵞神社、生目神社と変えたようです。

 そういえば、このブログにも上げてますが前に牛頭天王社にも参りましたね。
あちらは天皇ではなく天王でしたが、関係あるのでしょうか。

 あと、牛頭天王社は客という地区にありましたが、こちらは浄瑠璃町。
前の記事でも書いてますが、地名の付け方が乙ですよね!

 お賽銭を入れて、参拝。 そして辺りを見ると……


 08
 見晴らしの良さそうなベンチを発見!
風も通って涼しく、気持ちが良かったです^^


 09
 最後に、同所からの景色で。
参道も拝殿の周辺も緑が多く、本当に気持ちの良い場所でした。

 いつか宮崎の生目山にも行きたいですねー。
それでは本日はここまで。フォントのサイズ変更やLightbox追加などの調整はまた後でー^^;
ではまた!