只今体調を崩していて安易に外へ出られないので、崩す前に訪れた場所を紹介。
 幼年期は知らなかった、ふたつのしおみやまを見に行きたいと思い、出かけました。

 ……あ、単なる風邪と診察済みなので大丈夫です(笑)
 
 Reservoir_below_Shiomiyama
 この近くに住んでいた頃、よく遊びに来た溜め池。
 20年近く経っていますが、ずいぶんキレイになっていました。

 もうちょっと草ぼうぼうだった気がしますし、こんなに小さな地蔵あったかな?
 片方は古いから、元からあったのかもしれないですね。
 草に隠れて見えなかったのかも。

 そして横の道から進んで、汐見山城跡(1つのしおみやま)を目指したのですが……

 他人の畑を駆け上がらないといけないルートでした(;´Д`)
 撤退撤退……><

 ちなみにもう一つのしおみやまは、潮見山といって地区の名前や小学校・幼稚園の名前にも使われています。
 潮見山の山頂には園児の頃、遠足で行きました。頂上には小さな社が置かれていた筈です。
 また、潮見という名を冠した城跡もあります。
 それで、潮見城跡と汐見山城跡、そして潮見山の位置関係なのですが……


 こうなってます!
 すぐ北の大きな溜め池が、上の写真の場所です。

 同じ山で建てた城の名前が汐見山城と潮見城だったのか
 それとも元々違う山だったのを間を埋め立てて一つの山にしたのか……
 園児&小学生だった頃には、汐見山城の方は全く聞かなかったので分かりません。

 例えば松山城本丸の敷地が、南北で二つの峰を埋め立てて造られているのは有名です。
 城跡として史跡になっているのですから、書籍を探せばその解は出ているのでしょうが…
 今回見に行けませんでしたし、書籍も見かけた事が無いので、今度図書館で探してみます。
 残念ですけど私有地ですので、今回は撤収です~(-_-;)

 INO_restplace
 その代わり、山を降りてすぐにあるこちらの史跡に。
 横に書かれている通り、伊能忠敬がこの地を訪れた際に休憩をした場所です。
 この区画だけ昔から柵が置かれていたのですが、更に整備されて綺麗になっていました。

 横にある手水鉢に水が貯まっているのは昔通りですが、そっちも綺麗になってますね(笑)

 昔の記憶を楽しみながらのウォーキングでした。
 風邪を治したら次は何処に行きましょう。正直ネタ浮かんでません……(;´∀`)