今回は新調したスマホ、Xperia1Ⅱに搭載されたカメラの便利な点を
 スクリーンショットと写真を交えて説明していきます!

 レビューとかやった事ないし多分下手だから、許してねー^^;

 今回使用するのは、普通のカメラアプリと同様に最初からインストールされている
 PhotoPro というカメラアプリです。

 とても便利なので、よほど面倒でない限りはこちらを使うのが良いかと思います。


 Screenshot_20200712-174136
 こちらがPhotoProの画面。
 右側で露出や測光、フォーカス設定やホワイトバランスの設定等ができ
 左側には詳細設定メニューと使用レンズ、撮影モードと表示の設定があります。
 撮影モードはAUTOモード、プログラムオート、シャッタースピード優先、マニュアルの中から選べます。

 設定可能なISO値は50~1600で
 切り替える事のできるレンズは16mm、24mm、70mmの3つです。

 Screenshot_20200712-174310
 超広角の16mmでは写真の真ん中が大きくなるため…

 20200712_174905
 間近で撮ると歪みが面白いです(;´∀`)

 20200714_052805
 また、フォーカスのマニュアル指定も可能なため、ある程度の背景ボケも可能
 
(室内環境なので背景あまり撮れないのはゴメンナサイ><;)

 20200714_085129
 背景ボケが分かりにくかったため、もう一枚追加。
 ピントの合う範囲が狭いので、やっぱり難しいです(笑)

 しかし私としては、
遠方への指定が固定できる点の方が有難い。
 無限遠は無いが、設定可能な最大遠へのフォーカス指定によって
 景色を撮る時は待たなくて良い

 フォーカス不能と一々ボケられる事も無いから、正直本当にありがたいです。

 Screenshot_20200712-174427
 そして最後にもう一つ。
 近頃は絶対に外せない、HDR撮影についてです。

 このXperia1ⅡではHDR写真撮影において、2項目に分かれています。
 見ての通りですが、Dレンジオプティマイザーと、オートHDR。
 よう分からんからとりあえずオートにしとこー
  ってやると痛い目を見るかもしれません。

 説明にもあるように、オートHDRでは露出を変えた複数の画像を合成しますので。
 つまり… ブレやすい!
 手持ちでスナップショットがほとんどのスマホでは、これは痛いですね。
 しかしその点は、上のDレンジオプティマイザーに設定する事で、解決ができます。
 このモードだと撮影後に処理で待たされる事も無いし、(疑似?)HDR連射も可能

 でも連射って何に使うんです? 私使った事ない…(-_-;)
 まあブレにくくなるのはとっても良い事です(笑)

 opty
 こちらがDレンジオプティマイザーの設定で撮った写真。
 暗い箇所が明るくなり、元々明るい箇所も線がクッキリしています。

 いや再現像処理で調整もしたんですが、まあ誤差の範囲内ですよ(笑)

 Lightroomで調整し直すとしても、元画像で線が潰れてたりするとムリなので
 これはありがたいです。
 この先基本はDレンジオプティマイザーで撮っていこうかな、と思っています。

 はい、という事で今回はxperia1Ⅱのカメラレビューと使い方でした!
 まだ設定箇所は数多あり、全体では触り程度しか弄れていないと思うので
 使っていく中で知っていこうと思っています。
 私、How-toは全然読まないタイプですので…(笑)

 ちょっとカメラの良いスマホを持ちたいけど、iPhoneも中華も取っつきにくい…
 って人には特にオススメできます!

 【送料無料】Docomo ドコモ Xperia1/2 エクスペリア 白ロム SIMフリースマートホン シムフリースマホ 正規SIMロック解除済 ASO08453 5G対応モデル SO-51Aセット(Purple/パープル)
【送料無料】Docomo ドコモ Xperia1/2 エクスペリア 白ロム SIMフリースマートホン シムフリースマホ 正規SIMロック解除済 ASO08453 5G対応モデル SO-51Aセット(Purple/パープル)

 ではまたー^^