次はひな人形を見に行った写真日記を書く、と決めていたつもりだったのですが…
 写真数多すぎて整理大変なんで、もう一日延長します~(;'∀')

 これ載せたいなあ、あれ載せたいなあ、でも話題の方向が違うから別の投稿に分けなくちゃ
 あれ待てよ、これも入れたい、だとすると予定していたストーリー(ストーリー言うな)崩さなきゃ

 …ってなてな感じです(笑)

 なので、またもや愚痴並べる時間で~す。 書きなぐるとスッキリしますからね~。
 ああでも、私痛いのが好きなんで殴るなら文じゃなく壁なんですが。(手が痛い)
 
 はいは~い、では雑談もとい愚痴の時間でーす。

 私のキャラ… いえ実存なんですが、障害の話としまして。
 脳を損傷していて記憶機能に性能の低下が見られる、という話は既に何度も出しています。


 記憶機能、とだけ見ると何かを覚えづらいんだろうなあ、と思われるでしょう。
 確かに、それも間違いではありません。というかそれが治ってれば社会復帰(進出)確実です。
 …ですが、皆さんこういう悩みを抱いた事はないでしょうか?
 「嫌な事が忘れられない」
 そう!忘れる事も、脳の記憶機能に含まれるのです。

 一度覚えた事を完全に消し去るなんて事は、少なくとも物理的な要因ナシでは不可能なのでしょう。
 嫌な相手に久しぶりに対面したとき、ふと思い出すという事もあれば
 精神疾患によったフラッシュバックのように、定期不定期で繰り返してしまうという事もあり。
 後者は病ですが、記憶の整理で悪い物事に関する記憶も残し、自己防衛の為に使用するのは正しい脳機能のはずです。

 ですが今の私は何をするときも、過去にあった理不尽な経験が脳裏にあって消えません。
 記憶機能に関する脳細胞を大きく損傷した(壊死&感染切り捨て)私は、そもそも覚える量も少ない。
 その少ない記憶にあって大きな比率を占めるものが、大きな感情が付けられた出来事です。
 今の私にはそこまで大きく嬉しい楽しい事が有り得ないので、自然とそれは嫌な出来事に絞られます。
 防衛機能という意味でも、能力が劣ってしまった私にとって自己防衛の為に嫌な記憶の保持は不可欠なのでしょう。

 という事なので、過去を探るというのはその行為自体が私にとって割とタブーであったりします。
 写真も撮って持ち帰って現像、という時点で既に過去ですからねえー(;'∀')
 旅の中で当然ある嫌な出来事や、類似する過去の嫌な出来事を思い返すのは必然も必然。
 ただまあ、今書いててやってるのですが、常に面白い物を見て笑っていたりすると一時的に感覚がマヒできます。
 (忘れはできない)
 でもそれをやってると本行を忘れて別の事に専念しちゃう訳なんですよねぇー…(;´∀`)

 …ってあれ、結局長々と書いて、最後は更新できてない言い訳になっちゃった。
 まあ愚痴なんて元から纏まる訳がないのですから、こんなモンでしょー
 わっしょいではまたー。 Ω\ζ°)チーン

 ちなみにですが、どうしても嫌な時はヘッドホンで耳を塞いで音楽聴いたり、現実逃避できるアニメ見たりしてまーす。
 未だにハマって見返しているアニメはからくりサーカスです。
 白金の立ち位置、敵ながら同情できるし退場シーンカッコイー!