伊予路に春を呼ぶ祭り、椿まつりを見に行きました。
 場所は伊豫豆比古命神社、つまり椿神社です。

 私が見に行ったのは2月1日。お忍びの渡御を見てみようかと。
 これを見るのは実は生まれてはじめてだったりします。

 _DSC4519_00001
 入口の鳥居。
 かなり賑わってましたが、東京に行ったおかげでわりと慣れました。

 …でもやっぱり人混みは嫌いなのですけど(;´∀`)

 _DSC4520_00001_2
 その奥にあるこちらの楼門。
 「お忍びの渡御」では此れをくぐるまでの間、神輿は静かに舁き出す決まりとなっています。

 _DSC4522
 楼門の内側です。
 まずは参詣を済ませて、石段の下で神輿が出るのを待ちました。
 (ちなみにこの写真だけ撮影日時が現像した時になってますけど、何故なのか分かりませんww)

 _DSC4531
 登る方から降りるんかい!(;´∀`) 当てが外れて、後方から見ています(笑)
 規定通り、静かに舁き出しています。

 …が、何度か鈴が鳴る度、観衆から「音が出てるぞ!」という野次が飛んでました(-_-;)
 それと正面に来た時は焦点距離を間違えてたのでボツ写真になりまひた…(´;ω;`)

 _DSC4539
 楼門を出たところで、神輿に鳳凰がつけられます。
 そして付け終えると…

 _DSC4543
  勢いよく担がれて、鳥居の外へ向かっていきました!

 _DSC4546
 鳥居の外での担ぎ上げ。
 楼門の内とは打って変わって勢いよく揺らし、大きな掛け声も上がっていました。
 神輿はこの後、両脇に屋台の並ぶ道を進んで、御旅所のある金刀比羅神社へと進んでいきました。

 お忍びの渡御を見る事が今回の目的でしたので…
 私はこの後、反対方向の屋台道で楽しく食べ歩きを(笑) その辺は次回。

 _DSC4558_2
 という事で椿まつりでした。
 人混みが楽になったのは本当に感動的な変化です!

 今度はバス旅とかで愛媛を渡り歩いてみましょうかねー。
 ではまた。