劇場版コードギアスのBDを見て思い出したのですが…
 小さい頃に見たひぐらしからこっち、私ループアニメが大好きでした!

 致命的なミスを起こしてしまっても、どうせどこかからやり直せる
 やり直して届かない場所は、そもそも元から辿り着けないものだった(これは人生経験)

 上の二行は納得できると、人生のほぼ全てに諦めがつくようになる魔法の言葉です。
 まあつまり、肩の力が抜けるって事で(´‐ω‐`)
 中学卒業までの成績は優秀で、高校は高倍率国立に入って、でもなんだかしんどくなったから自殺
 ⇒未遂 障害者になって能力低下で再スタート
 …っていう私の人生もなんだか似てますよね! 時間が遡らないのが残念ですけど!!

 気付けば脳挫傷からこっちも うみねこ を追っかけてましたし、ループアニメ(作品)は私の生きる糧と言えます!
 という事で、アマゾンプライムビデオ+dアニメストアでそういうジャンルのアニメを見る事に。
 なんだか地雷(厨二)臭がしていたので避けていたアニメだったのですが、それは…

 リゼロ!

 今更ですが2016年版見ちゃいますよーん。
 時間遡行型のやり直しってやっぱりロマン溢れて良いなぁ!

 …あ、私の人生の『やり直せる』は現実に即して自分の力量に合った職が見付かるよん、という程度です。
 現実では時間は遡りません。止まる事なく進んでます。
 失った機会はもう訪れませんし、昔懐かしい温かな旧友とは二度と仲良くなれません。

 でもでも、それは死んだらまっさらになって恨みも残らない、という事でもあるのです。
 脳細胞が死んで消えてしまった記憶が多くある私には、それが実感として分かります。
 だからこそ、とっても憧れてとっても嫌悪する『やり直し』の作品を、これからまた楽しんでいこうかな、と!

 ちなみにひぐらしは新作企画進行中のようで。 うみねこもお願い!
 ではでは~。