紅葉を見に行くので、その前に伊勢神宮の写真を上げ終えようかと^^;
 今日もちょっと多め。 社や宮のほかに、ちょっとしたビックリ写真も挟んでいるぞ!
 
_DSC1648
 最初のこちらは、荒祭宮という別宮。
 祭神は、正宮で祀られていた天照大御神荒御魂の方だね。
 ちなみに荒御魂の反対は和御魂(にぎみたま)というそうだ。知らなかったぞ!(´∀`;)

 移動の途中、この前後で「踏まぬ石」は見るには見たのだけど、撮り忘れたー!(´;ω;`)
 いや正直、「踏まぬ石」の事なんて全然知らずに奇妙な形の石があるな、としか見ていなかった…
 ただの石を撮ってると変態と思われる、なんて危惧せずに撮ってれば良かった(´;ω;`)

 あ、勿論踏まなかったよ(笑) 多分…

_DSC1662
 次に参拝した宮には、小さな橋を渡って行った。
 木の橋と木の鳥居の組み合わせは綺麗だねえ。

_DSC1660
 橋の上も撮ってみた。こんな感じだ。
 何度も言うが、もう少し後だったなら紅葉で綺麗だったろうなー!(´;ω;`)

 まあ天気を考えると、多くが散ってたかもしれないのだけど^^;

_DSC1664 -1
 そしてこちらが次に訪れた、風日祈宮だ。
 祭神はシナツヒコシナトベ男女一対の風の神でイザナギ・イザナミの子だね。

 写真、なんとか収まってるよ!(-_-;)

 ここは元々「風神社」だったのだけれど、『元寇の神風』以来、その霊験に応えて宮とされたようだ。
 義務教育でも習う歴史が生きているお宮だね!
 …ちなみにこの横にも本当に小さな建物があったのだけれど、人がいっぱいで止まれなかったし
 伊勢神宮のHPにも説明が書かれていないから、撮れていないけど良しとしよう(;´∀`)

 さて。この帰りにもさきほどの橋を渡ったんだけど、ふとその奥の川を見ていると…

_DSC1671
 木が倒れていた。その横では白鳥が見ている。
 この日の三重は嵐のほぼ真っ只中だったからなあ。
 とくに警報の出ていなかった伊勢でも、被害は免れなかったのだね。

 さて。色々と抜けてはいるけど、今回の旅での伊勢神宮のお参りはこれで終了だ。
 他に残した宮には次回に行ったときに参る楽しみとしよう!

 …と、帰っていると内宮の中で愛媛でも馴染みのある社の名があったので、寄り道だ。

_DSC1693_koyasu
 こちらは、子安神社
 誰もが一度は聞いた事があるだろう、「木華咲耶姫神」つまりコノハナノサクヤヒメを祀る
 安産・子授けを祈願する神社だ。

 ちなみに愛媛県には神社ではなく、西条の香園寺という寺に「子安大使」として左手に赤子を抱いた大使の立像が設置されている。

_DSC1691_ooyamadumi
 そしてその隣には、木華咲耶姫神の父親である大山祇神を祀った大山祇神社があった。
 この神社は有名だろう。全国の三島神社や山祇神社の総本社として、愛媛の今治にある。
 とても大きな神社だ。

 男独身が子安神社に参るのは本当に変だが、大山祇には縁があるので、どちらも参拝(^^;

 さて。今回まわれる場所は参ったから、帰るかな、と何気なく空を見上げると

_DSC1686
 綺麗な月…じゃない、雲に隠れた太陽が!
 肉眼でもハッキリ丸として見えていた。
 見るにも撮るにも本当に丁度良い薄さ、厚さの雲だった。 初体験だ!

 お陰で丁度良く終わらせる事ができる。
 人は多かったが、観光としては程よい伊勢神宮参拝だった。

 次はちょっと早いが近場で紅葉を見に行こうと思う! ではまた!!