緑が見たくなったので、山に行くことに。
 どうせならついでに何か見よう、という事で今回は湖です。

 ふたつ見に行ったのですが、まずは金砂湖。
 四国中央市の山の中です。

 01
 金砂湖岬公園にたどり着きました。
 ここは春になると桜でキレイなのでしょうね。

 さて、湖は…

 02
 干からびてる!? Σ( ̄ロ ̄lll)
 運動場みたいになってるじゃないですか(笑)

 03
 反対側を見ると、工事をやってました。
 なるほど。 それで… え、湖の水抜いたの?^^;

 06
 端には金砂湖・銅山川柳瀬ダムを設置した所以と、立退者の名前が丁寧に記された碑。
 そしてそのとき詠まれたと思しき詩が。

 宇摩平野に水道・農業・工業のための水、そして電力をもたらす為
 金砂村、そして富郷村の一部分が水没し、計156戸の人々が立ち退いたようです。

 右の詩からは、住んでいた人々が平家の落人であった事も読み取れますね。
 左の石碑には、800余年もの歴史がある里だったともあります。
 残っていたら文化財になってたんじゃ…(笑)

 起工が昭和なので、もしかしたら写真も残ってるんでしょうか。
 ダムに沈んだ村ってよく聞きますね。 やっぱり愛媛にもあったんだ…
 (オタク的にはオヤシロさまの祟り的なものが無かったか興味が)

 …なんでもないのです。 にぱー(;´∀`)

 07
 っと。 ここで公園にいた可愛い奴らを紹介(笑)

 柵の上でポーズを決めるリス達。 この他にも何匹か居ました。
 遊具も船を模していて、結構楽しそうな公園でした。
 正月頃には子供も来ているのでしょうか。

 08
 最後は桜のつぼみで。
 満開になるとこの公園は絶対にキレイです。
 恐らく帰省客や観光客も多いのでしょう。 人が多いと写真撮れないなあ(-_-;)

 この微妙な季節だからこそ思う存分撮れた、金砂湖でした。
 この次は少し息抜きの記事を入れて、次の湖に渡ります^^

 ではまた。