名の通り月を観る為の祭りだそうですが、毎年花火の打ち上げを行っています。
 2年前は真下で見ていて迫力があったのですが、花火は直上だったので撮る事ができませんでした。

 という事で、今回は打ち上げ場所から少し離れた重信川の川原から。
 残念ながら川の水は干上がっていて、反射する様子は撮れませんでした。

 では早速写真の方へ。
 
 _IMG1779
 
 月は少し欠けているようでしたが、とても綺麗でした。
 漂う雲に時々隠れる様は、雰囲気抜群です。

 _IMG1867

 その後しばらくすると、花火が始まりました。
 上の写真は序盤の花火。この時は混雑を予想していたので、三脚ナシのスナップ写真です。

 _IMG1870

 シャッター速度は速すぎても暗くなりますが、遅すぎると手ブレが酷くなってしまいます。

 _IMG1871

 5分の1秒のシャッター速度になりましたが、見ている状態を狙って撮ると
 それより後の光景が写ってしまいます。 タイミングが中々難しい…

 _IMG1884

 調べたところ、私の使っているPENTAXのK-S1は青色を鮮やかに写す色の配分となっているそうです。
 おかげで赤に比較して青寄りの光景はコントラストよく撮れます。

 _IMG1996

 しかし花火の開花が結構下ですねえ。
 そういえば、2年前に真下で見ていた時は迫力こそ満点でしたが、炸裂後に硝煙の臭いが漂うのは辛かったです。
 その分離れて見るのは楽ではありますが、如何せん小さい(笑)

 _IMG1998

 フィナーレ近くです。
 最後の方は遠目でも分かる、「これぞ花火」の様相でした。

 _IMG2036

 こちら最後の一発。 それまでと段違いの明るさでしたので、露光の調節が必要でしたが…
 とっさに対応できなかったので、この程度で我慢です(笑)

 ハイ、という事で今年の花火でした。
 迫力こそ直下より見劣りしましたが、快適さは比べ物になりませんでした。
 私は鼻炎持ちでその他アレルギー諸々持ちでもありますので、離れて見るのは最適解かもしれません(-_-;)

 ではまた。