待ってました!! うたわれるものリメイク。

 うたわれるもの斬 なんと、うたわれが3Dアクションゲームに!

 【公式PV】

 

 私はうたわれるものの初期アニメを小さい頃に見ていたのが、本作に触れたきっかけです。
 未だ原作(エロゲ)はしていないのですが、高校1年で脳挫傷して入院し、丁度退院を終えた頃
 うたわれの偽りの仮面のアニメを見まして、それから同シリーズにまたハマりました。

 当時は脳の患部が膨張していて、手術で損傷した頭骨を外して、脳の腫れが収まるのを待ったり
 腫れが収まったので外した頭骨をまた手術で入れるも、感染が発覚してまた外したり
 それで最終的に時間を置いて義骨を頭に移植したり

 そんな大変な入院生活を終えて、自宅でリハビリをしていた頃でしたが
 脳の損傷で精神的な年齢は童子返りを起こしていて、病は完治していない状態でした。
 何かできない事があると泣く、でも嬉しい事や可笑しい事があると急転して笑う。
 更に記憶力も低下していて、これは今でも後遺症として残っているほど酷いものでした。
 数秒前の事が一切分からなくなる、そんなレベル。

 精神年齢が幼い状況にあった、そんな私に『偽りの仮面アニメ』は
 和睦の安堵から離別の悲哀まで、本来日常的に経験するこの感覚を呼び戻してくれました。

 私としては思い入れの深いこの作品。
 『二人の白皇』発売時には、限定版を奮発して買いました。
 2部主人公ハクとヒロインの邂逅、対峙、再会。 そしてまた離別…
 最後にはヒロインが主人公との別れを受け容れたような、あるいはまた後に再会する望みを残したような…
 そんな悲壮感の漂うラストで、辛抱の苦手な私はこの次のストーリーを焦れる思いで待っていました。

 残念ながら、今回は新ストーリーではないようです。
 ですが、3Dアクションになることで演出も一新。
 恐らくストーリーも新たな尺度で見えてくるのではないでしょうか。

 実を言うと、最近発売されたPS4版うたわれるもの、トリロジーボックスの方も購入していました。
 元々PS3のソフトとして購入していた二人の白皇でしたが、PS4では解像度が上がる事に連れて、演出も良くなってより臨場感のあるストーリーとなっていました。

 PS3からPS4に移るだけで格を上げていたこの作品。
 今回は3D化して外観を一新するので、更なる期待が止みません!

 残念ながら発売は9月末と遠いのですが、早速予約購入を押して待つ事にしました。
 楽しみです。

 ではまた!
 下に楽天ショップリンクを置きますので、私と同じく気になった方は購入してみてください。