お久しぶりデス!
 三日三晩と下痢に悩まされ、検便に行くと…

 ウイルス無!! 香辛料たっぷりの向こうの料理に、消化が追い付いていないようでした><

 はい、という事で今回の写真は(主に)統一会堂。 某宗教ではありません(;'∀')
 その前に少し人民庁舎の前を訪れましたので、そちらの写真も。

 ではでは早速、写真の方へ。
 
 01

 ん!? なんだお前は!!

 02

 …ああ、お前か。

 いや、誰だお前!?

 03

 ハイ、では外に出て煌びやかな旧正月の飾りからー。
 さっきのはロビーに居ました。 横を向いたらあの顔で、朝っぱらからビックリ(笑)

 04

 街の通りでは各所で、上のように黄色い梅の花が見受けられました。
 代表的な花なのでしょうか。

 05

 そして、人民庁舎前。
 専らホーチミンの立像を見に来たのですが、その前では式典のリハーザルが。
 ザルです。

 前で花持ってるお兄さん二人、この直後コケました。
 周りに居た現地の観客が大ブーイング。

 本番ではちゃんとやるからといった雰囲気で応えていました(;´Д`)

 06

 ガイドも見なかった事にして、次はこちらに。
 今回の本番、統一会堂です。ノロンドン宮殿とか独立宮殿だとか呼び名が変遷した場所ですね。
 皆さんは高校の世界史やアジア史などで習ったでしょうか。

 ちなみに私は脳挫傷で高校へ行っていないので、この場所は知見共に初めてです(笑)

 この広場では、当時使用されていたという戦車航空機が展示されていました。

 07

 まずは戦車。 私は戦車オタではないのでこれを見ても「ああ、戦車だ」程度ですが
 後ろのドラム缶。 アレ燃料タンクですか!?
 戦車 ドラム缶 ベトナム で検索すると、T-54が。
 T-55も出てきましたが、統一会堂突入にはT-54との表記が見えました。

 やっぱり燃料だ!! 狙撃銃であのドラムを撃たれたらどうなるんでしょ?(-_-;)

 08

 もう一つは航空機。 紋章に黒インキでバツ印をされていたのが印象的でした。

 09_1

 上は会堂内。
 このテーブルに備えられたマイクは、今でも役人に使われているそうです。 

 09

 そして(恐らく)二階には上のような豪華な絨毯! (何階かよく覚えてない
 部屋の各所でこのように華美な様式が見受けられました。

 二階へと通じる正面の階段は戦争時の突入で一度壊れましたが、復元されていました。
 撮ることは撮ったのですが、エキストラの顔がバッチリ写っていたので飛ばします(笑)

 10

 部屋の一つ。中心奥に牛角を思わせるような飾りがあります。

 11

 そしてこちらも部屋の一つ。 壁に飾られた絵が印象に残ります。

 12

 そして、こちらは二階にあった植物園。
 この一角だけですが、赤や金色のギラギラした空間の合間にあって、落ち着きます。

 13

 図書の並べられた部屋。
 本棚の向かいに、上のような机が置かれた簡素な部屋でした。

 14

 そして次に、当時使用されていた、古びた機器が置かれた部屋。
 軍オタの方だったら喜んだかな? あとアンティックな機械の好きな方。

 私はてんでダメでしたが、無線オタの親父は好きだったかも(笑)

 あとは机の上に回転ダイヤル式電話の置かれた部屋もありました。
 …でも黒電話は現役のがまだ祖父母の家にあるんですよねえ(笑)
 ちなみに、上の写真のような機器も、地元小学校の放送室に(;^ω^)

 田舎恐るべし。

 15

 そして、次は調理室!
 こんな小さな鍋で全員分のものを調理となると、大変だったでしょうねえ(-_-;)

 16

 ハイ、という事で今回は統一会堂でした。
 上の写真は途中で通りかかったベランダから。
 内部は赤や金が主調でキレイですが、目は疲れます(;^ω^)

 目に優しい緑が… いや太陽まぶしい(/ω\)

 17

 これも途中で見かけたものです。 古式なアンテナだぁぁ(-_-;)
 八木アンテナかな? うーん詳しくない><

 ハイ、ということで今回はベトナムの旅行写真、統一会堂編でした。
 次回は改修中のサイゴン大教会を表から見た後、サイゴン中央郵便局に行った写真を。
 またその他も入るかもです。

 ではまた!