かなり間が空きましたねえ。 東大寺の写真は今回で終了です。
 私のブログはお察しの通り、超マイペースですので。 気の向いた時に気軽に見て頂きたいです(;´∀`)

 ええ、わたくし日課をこなし切った経験は一度としてありませんので♪
 
 はい、それでは写真の方参りましょう!
 大仏殿で他に撮っていたもの それは…

 2_1
 東大寺の伽藍そのものの模型です!
 なんでも、重要な古文献を基にして工学の博士らが大正時代につくったものだそうです。
 これそのものが歴史的価値が付いちゃわないのかな(;´∀`)

 2_3
 なお、このような模型はかなりの数が大仏殿内にあります。
 見て楽しむのも良いですし、説明書きを見てなるほどと得心することも、こちらを見て回る醍醐味です。

 2_2
 このように、大修理を行った際に取り換えられた、柱の一部も。
 ちなみにこちらは元禄に再々建された後、明治末年に取り換えられたものだそうです。

 大仏殿というと、真中の盧舎那仏像ばかりを想像してしまいますが、この中には他にも
 文献や大古の瓦等々まで展示がされていますので、博物館としても楽しむことができます。
 皆さんも大仏だけでなく、そういった資料にも興味を向けて行ってみて下さい。

 2_4
 ということで、大仏殿でした。 斜めから見た造形も良いですね。

 この後、鹿に見送られながら東大寺を出て近くの土産屋に寄ったところ
 奇妙なものと遭遇しました!

 2_5
 こちら。 一見普通のせんと君ですが・・・ 胸の札の表記に

 急に暴れる恐れがあります! ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 この後、あとは平城京と元興寺です。 あ、ちなみにせんとくんには触りませんでしたよ(;´∀`)
 触ったらどうなるのか気にはなりましたが、一応注意書きでしたので…。

 ではまた。