それでは続きの写真です。
 前回の予定と違い、春日大社の日記は今回と別にもう一記事、続けることにしました。
 私がヘタレなんですごめんなさい orz

 …では、今回の写真にいきましょう! (-_-;)


 11
 前回記事の最後に移っていた南門を抜けると、そこは参拝所です。

 ちなみに抜けてすぐ左手に、おみくじ等を販売するところがあります。
 綺麗な巫女さんが売ってくれますので、参拝するときは是非そちらも。

 また、右手側では回廊の中を見学するための料金所があります。
 神職の方が案内してくれて、それぞれの場所で説明もしてくれます。
 私のように、好きな人にはたまりません!(*´∀`)

 12
 料金所を通ってすぐがこちら。 中央奥では水の噴霧がされていました。
 石段をあがり、右側に進みます。

 14
 こちら、正面の本社社殿。 正面からの撮影だけはご法度との事でした。
 正面でなければ良いそうです。

 案内して下さる神職の方は、『ここから撮ると綺麗ですよ!』などと言ってくれて面白い。(笑)

 15
 そして釣灯篭の中には、歴史に名を連ねた偉人が奉納したものもあります。
 真中が直江兼続の奉納、左側は宇喜多秀家の寄進です。

 両名とも歴史の参考書で見かけますね。

 16
 その後、回廊を進みました。 その最中でも神職の方の説明は続きます。
 有名な和歌に詠まれた話、回廊角の柱では当時の技を凝らし、負荷の分散が緻密に図られているという話。
 等々、興味深いことを聞くことができました。

 17
 この位置からは、南門を横から見ることができます。
 回廊と続けて見えて綺麗ですね。

 _IMG0860
 また、前方だけではなく、振り返って見るとこちらも綺麗です。
 観光先では前のめりになりがちですが、少し視点を変えるのも良いですね。
 この後は外側の回廊に移って、それまでと反対の方向に進みました。

 …予定では本日で春日大社の写真を終えるはずだったのですが、まだもう少し続けます。
 載せたい写真が多かっただけですので、気が向けばまたご覧下さい!

 明日は山に登る予定がありますので、ヘトヘトになった記事があがりまーす(-_-;)