今回はPhotoDirector9を使って、写真を好みに加工するための方法を書いていきます。
 分かり易くするため、スクリーンショットを交えていきますね。

 写真編集というとPhotoshop等を想像しますが、手軽に済ませるならこのPhotoDirectorも使えます。
 これ一つでRAW現像もこなせるので、とても安く済みます。
 
 01
 今回は見本として、RAW画像を使っていきます。
 私の使用しているカメラはPENTAXのK-S1。 RAWは拡張子PEFです。
 もちろん通常のJPG画像でも構いません。 アレンジしたい画像をPhotoDirectorで開きます。

 02
 こちらはPhotoDirector手動編集のタブ。
 画像は編集前ですが、夕日にしては色が足りない感じ。
 挑戦力のある方はこのまま、手動で調整していくのも良いのですが…

 今回は簡単にアレンジですので、別の方法をとります。

 03
 プリセットタブを選択。
 下にある項目からデフォルトのプリセットの群を開くと、目的別に設定された候補が表示されます。
 [風景] ⇒ [ブルースカイ] を選択してみます。

 04
 ここまで変わりました。 編集前のものと見比べると、差は歴然としていますね。
 地上が暗転してしまう代わりに、夕日がキレイになっています。

 デフォルトのプリセット群で気に入らなくても、[ダウンロードしたプリセット]から他のプリセットのDLページに飛ぶ事ができます。
 気に入るものを探してみましょう。

 …と、この写真で重要な欠点にお気付きでしょうか。 目をこらして(こらさなくても)見ると…
 そう!レンズに付いた埃です(;´∀`)
 手入れなんてしない性分ですから、放ったらかしていて気付きませんでした。

 手入れして埃を落とせば良いのですが、撮ってしまったものは仕方ありません。
 ですが、このソフトにはそんなゴミを削除する機能も備わっています!!

 05
 上部の編集から[オブジェクト除去]、そして[コンテンツ解析除去]を選択します。

 06
 このように手動で箇所を選択して、[適用]で除去を開始します。
 一度では中々消えない場合もあるので、そういった場合は何度か再試行して、除去を試みます。

 07
 デノイズ完了です。 これで埃もほぼ気になりません。
 この後は[調整]から手動で細かく設定したり、別途DLプリセットを試したりして…

 _IMG0475
 最終的にこの画像になりました! 正直、見た景色より鮮やかです(笑)

 どうだったでしょうか。
 特に最初、プリセットを指定すると変化した点が一番大きかったと思います。
 他にもさまざまなプリセットがありますので、キレイにしたり遊んだりを手軽に楽しむ事ができます。

 JPGでも編集が可能なので、通常のデジカメやスマートフォンで撮ったものも編集ができます。
 興味のある方は是非、試してみてください。

【送料無料】 サイバーリンク 〔Win・Mac版〕 PhotoDirector 9 Ultra 通常版 [Win・Mac用]
【送料無料】 サイバーリンク 〔Win・Mac版〕 PhotoDirector 9 Ultra 通常版 [Win・Mac用]